FXはじっくり待つことで成果が出せるようになります

By: Sean MacEntee

FXで儲けようとするなら一日中パソコンの前で張り付いているより空いてる時間を使って投資をした方が成果が出やすくなります。FXを始めた頃はパソコンの電源を付けたと同時にFX会社にログインして取引を始めてしまうことが多かったのですが、それだと市場全体の様子がわからず運任せみたいな部分もあってショートしなければならないのがロングしてしまったりと過ちが多かったのです。

一度ポジションを持ってしまうと思っていたのと反対方向に行ってしまった場合損をしてしまいます。早い段階で損切りができればいいですが儲けを出したいがためにいつまでも持っていることもあり、さらに大きな損失を出すという結果につながってしまうこともありました。

FXをするならトレンドの波を待つことです。普段はレンジ相場になっていることが多いのでどちらかに動けば戻るを繰り返します。FXで勝つためには長時間やるよりも仕事から帰ってきてからでも十分に利益を出すことができます。

短期間でも勝率を上げるやり方は毎日取引する時間を決めてトレンドになっている通貨を探すだけで良いのです。テクニカルは人それぞれですがRCIや移動平均線などを使うようにしています。

時間足は1時間足や2時間足で大きな流れが来ていないかを確認します。そこでトレンドになっていれば流れに沿ってエントリーするだけです。気をつけなければならないのはレンジのときでエントリーしてまもなく逆の方向に行くこともあるので、為替のニュースなどを見ながら材料が背景にあるのかないのか確認するようにします。

経済指標もなく話題も何もないのにトレンドっぽく動いているのは騙しのことが多いので結局元に戻っていきます。FXで勝つのに大切なことは大きな流れが来るのを待つということです。流れが来ない日もあるのでそのときは無理してエントリーせずに次回の波が来るまで待つだけで儲けることができるので成果を出すには焦らないということが大切です。